スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラリマーの偽物

先日、ドミニカ在住の業者さんにお会いしたときのこと。

ラリマーが並ぶそばに、ペアシェイプのルースが置いており

手に取って見たところ・・・

見た目はラリマーのようだけど、何か違う。何か違和感がある。。。


「??? ニセモノ?」と尋ねたところ、その業者さんもつい最近

その偽物ラリマーを見つけて、あまりの出来の良さ(?)にそれを

譲ってもらったのだとか。

たぶん、中国あたりで作られたシロモノだと思うのですが、きれいな

ブルーの色で、波模様も入っていて、ラリマーを見慣れていないと

うっかり騙されてしまうかも?と思えるくらい、よく出来ていました。

「?」と疑問に思ったら、ルースをひっくり返してみて、表裏でまったく

同じ形の白い模様が入っていたら、ちょっとアヤしいかもです・・・
スポンサーサイト

ラリマーの偽物(ニセモノ)さん・そっくりさん

天然石(パワーストーン)の偽物さんが多い、と聞くと「自分が持っている石は大丈夫かな」と不安になりますよね

今回は、ラリマーのニセモノさんについて書いてみたいと思います


「ラリマーの偽物」として多いと言われるのが ブルーアラゴナイト、ヘミモルファイトなどの石ですが、

特にラリマーのビーズとして売られていて、全体的かつ全面的に色がうすい水色でラリマー特有の白い模様や

黒褐色の部分などが見られない 低品質のビーズはよくよく気を付けた方が良いと思います

たくさん見慣れてくると、石の質感がなんとなく違うのを感じられるようになってくると思います。


余談ですが、今は、ヘミモルファイトの価値がとても上がっていて、ヘミモルファイトの偽物として

ブルーアラゴナイトが売られていることが多い、とミネラルフェアでお店の方に教えていただきました

価格がとても高くなっていることを考えると、ラリマーのそっくりさんとしてヘミモルファイトが

使われることはもうないのかもしれないですね

パワーストーンの偽物(ニセモノ)について

石を仕入れていると、色々なニセモノさんに出会います

そして、確実にニセモノであっても「本物」と言い切る業者さんが多いと感じます


先日、とある卸業者さんから「ストロベリークォーツのさざれ」を仕入ました

(ちなみに、”ストロベリークォーツ”は通称(愛称)で、鉱物の正式名称ではありません)


お店に出す前に、念のため鑑別に出したところ、結果は「ピーモンタイトインクォーツ」

鑑別の担当者から、「通称”ストロベリークォーツ”ではありません」とハッキリ断言されたにも

かかわらず、卸業者さんに鑑別結果を伝えると”内包される鉱物はいろいろありますが

ストロベリークォーツに間違いない”とのこと


・・・・・鑑別の専門家の方が間違っていると言いたいのか???

たとえニセモノであっても売れさえすればいい、と思っているのでしょうか。

無責任で不誠実な業者が多いことに、怒り心頭です!!!



プロフィール

ラリマー屋さん

Author:ラリマー屋さん
パワーストーンの魅力にどっぷりはまって、石屋さんになった店長のワクワクがたくさんつまったブログです☆
お店ではオープンにできない、マル秘ネタや石の仕入れ、石の意味や効果、ミネラルショー情報、石にまつわる不思議でおもしろい話などをたくさん書いてます!パワーストーンについてもっと知りたい人も必読です!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ カウンター
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。